大盛舘トップページ お風呂のご案内 営業ご案内 大盛舘アクセス 注意事項 銭湯のウラ


 

ゴールデンウイークは休まず栄養致します 3日(火)も休まず営業いたします。
皆様のご来店をお待ちしております。

横浜磯子、潮風がほのかに香る掘割川、根岸橋のたもとに高い煙突がシンボルマークの風情ある銭湯が建っていたのは今は昔の話…
平成19年夏、さらなる癒しの湯へ、露天風呂が美肌や健康効果など今話題の高濃度炭酸泉へと生まれ変わりました。
炭酸泉とは、炭酸ガスが溶け込んだ温泉です。 ヨーロッパでは天然の炭酸泉源泉が豊富なドイツを中心に「心臓の湯」として親しまれております。

 

大きなお風呂でゆっくり温まっては、いかがでしょうか?

 
家庭では味わえないゆったりとした湯船、自然の風が気持ちがいい露天風呂、遠赤外線サウナとロッキーサウナで体の芯まであたたまり、
リフレッシュ効果も抜群です。そして女性におススメなのがボディーエステ風呂など美容とマッサージ効果が期待できるお風呂も、
そして最新鋭のハイパージェットバスは疲れた体に効きます。さらにうれしいことに、肌にも優しい「イオン水」を使用しております。

 

自然の風を感じながら露天風呂の高濃度炭酸泉でゆっくりとおくつろぎ下さいませ。

大盛舘一同心よりお待ちしております。

 

 

銭湯の始めて物語…日本の銭湯は、寺院とされています。僧侶たちの禊(みそぎ)や仏像洗浄のための浴室が一般大衆に無料で開放されました。開放された理由は、寺院が仏典による「入浴によって七病を除き、七福を得る。」という功徳を重視した福祉・慈善事業を行った為で、それを「施浴」呼ぶそうです。
銭湯という、湯銭を取って入浴させたのは定かではないが、江戸時代にはかなり一般的になっていたようです。